スペシャリストを目指せ!


by leges
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

殺人か自殺幇助か

From Magister

【Yahoo!NEWS】
自殺サイトを悪用し男女3人が殺害されたとみられる連続殺人事件で、殺人容疑などで逮捕された大阪府堺市の前上博容疑者は「休日にあわせて自殺に誘った」と供述していることが8日、分かった。3件の事件はいずれも週末に実行されたとみられ、現場はいずれも下見するなど、府警は容疑者が周到に準備したとみて追及する。

このニュースに関連して、警察は「殺人罪」で起訴していく方向に見えるが、そもそも殺人罪なのか疑問が残る。今回は「自殺サイト」で自殺したい意思を表明している人を殺害しているのだ。

刑法第202条に規定されている罪を総称して自殺関与・同意殺人罪と呼ぶ。個別的には、人を教唆して自殺させる自殺教唆罪、人を幇助して自殺させる自殺幇助罪、人の嘱託を受けてその人を殺害する嘱託殺人罪、人の承諾を得てその人を殺害する承諾殺人罪(同意殺人罪)を言う。殺人罪の減刑類型であり、法定刑は全て、6月以上7年以下の懲役又は禁錮と殺人罪よりも軽い。これらの罪の未遂も罰せられる(刑法第203条)。

さて、どう思いますか? 刑法の論理に則って考えて見ましょう。
[PR]
by leges | 2005-08-09 12:31 | 刑法